LANDSCAPE Vol.4 後編
Local community
小さなコミュニティから広がる輪
LANDSCAPE Vol.4 後編
Local community
小さなコミュニティから広がる輪
landscape04_27.jpg

landscape04_25.jpg

landscape04_26.jpg

日本のまんなかに位置する群馬県渋川市は、街の中心を吾妻川が流れる緑豊かな街。そんな自然豊かな景色を眺めながら、のんびりと過ごすことができるのが、カフェと暮らしの雑貨をセレクトする店『うた種』。静かな森の中に佇む素敵な空間の中では、渋川飯塚ファームで作られているハーブティーやシロップを使ったドリンクを味わうことができる。店前の庭では時折マルシェが行われ、地元のファームが集まる。こういった活動から新たなコミュニティが生まれ、それが町おこしへとつながっていくのだろう。

landscape04_23.jpg

landscape04_21.jpg

landscape04_22.jpg

New communities can come from such activities—they might even lead to town revitalization.
landscape04_24.jpg

INFORMATION

飯塚公知・歩/いいづかともかず・あゆみ 2012年3月に代表である飯塚公知が大手石油会社を脱サラし、故郷の群馬県へ家族で移住、農業未経験で有機野菜やハーブ栽培を始めたことが渋川飯塚ファームのはじまり。現在は、群馬県渋川市でハーブ栽培をしながら、群馬県産フルーツにハーブやスパイスを組み合わせた“ハーブ×フルーツジャム”を製造している。

MORE CONTENTS
stories04_24.jpg
STORIES
1ミリ限界を越えてみる 渋川飯塚ファーム(ハーブ農家)
stories04_15.jpg
STORIES
想いをハーブに込めて 渋川飯塚ファーム(ハーブ農家)
landscape04_28.jpg
NOW VIEWING
LANDSCAPE
小さなコミュニティから広がる輪
landscape04_12.jpg
LANDSCAPE
いつまでも魅力的な場所に
LATEST ARTICLES
stories06_28.jpg
STORIES
ものづくりに吹き込む物語 ⽵沢むつみ(⾰作家)
landscape06_14.jpg
LANDSCAPE
陣⾺⼭麓で⾃然とともに⽣きる
stories06_15.jpg
STORIES
暮らしの中のアクセサリーを生みだす ⽵沢むつみ(⾰作家)
landscape05_21.jpg
LANDSCAPE
あらためて感じる、最高の街