LANDSCAPE Vol.5 後編
Once Again
あらためて感じる、最高の街
LANDSCAPE Vol.5 後編
Once Again
あらためて感じる、最高の街
landscape05_23.jpg
landscape05_20.jpg

小学校のすぐ裏に実家がある瀬戸さん。通学時は家の裏にある塀を登って、ズルをして通っていたというやんちゃな思い出話も。小学校を訪れると、かつて所属していたサッカーチームのコーチに再会。自然のすぐそばで、海や大地から力をもらい、のびのびと自由に育った自分の幼少期を思い出し、いつか子供が生まれたらこの街で子育てがしたいと呟く。今は帰って来るとわずかな時間でも、ちゃんと充電できる場所。いるときは感じられなかった魅力を、離れてみてあらためて知る。やっぱり、いい街だと。

New communities can come from such activities—they might even lead to town revitalization.
landscape05_22.jpg
INFORMATION

瀬⼾優/せとゆう 1994年神奈川県⼩⽥原市⽣まれ。⾃然科学を考察し、主に野⽣動物をモチーフとした彫刻作品を制作する。彫刻の素材であるテラコッタ(⼟器)は作家の触覚や軌跡がダイレクトに表⾯に現れ、躍動感のある作品となっている。画廊での展⽰販売を中⼼に国内外へ幅広く作品を提供。

MORE CONTENTS
stories05_25.jpg
STORIES
着実に堅実に叶えていく未来 瀬⼾優(彫刻家)
stories05_11.jpg
STORIES
リズムが生まれる心地よいスピード感 瀬⼾優(彫刻家)
landscape05_21.jpg
NOW VIEWING
LANDSCAPE
あらためて感じる、最高の街
landscape05_11.jpg
LANDSCAPE
遊びも1人時間も、どんな時もこの海で
LATEST ARTICLES
stories06_28.jpg
STORIES
ものづくりに吹き込む物語 ⽵沢むつみ(⾰作家)
landscape06_14.jpg
LANDSCAPE
陣⾺⼭麓で⾃然とともに⽣きる
stories06_15.jpg
STORIES
暮らしの中のアクセサリーを生みだす ⽵沢むつみ(⾰作家)
landscape05_21.jpg
LANDSCAPE
あらためて感じる、最高の街