STORIES Vol.1 後編
Usual my life
自然体に日常と陶芸が寄り添う

岡崎裕子(陶芸家)
STORIES Vol.1 後編
Usual my life
自然体に日常と陶芸が寄り添う 岡崎裕子(陶芸家)
YUKO OKAZAKI
POTTER

5年後の自分の未来を見据えて

門をくぐると大きな大楠の木が佇み、新緑の間から綺麗な木漏れ日を落とす。その奥には日差しがたっぷりと入る広い庭と趣のある日本家屋、庭では子どもたちが蝶を追いかけ走り回る。

IMG_0228.jpg

横須賀・芦名にある岡崎さんのアトリエを併設した住まいは、先祖代々の土地を祖父母から譲り受けた場所。溜息が出るほど理想的で、穏やかな空間がそこにはある。環境が良いだけでなく、都心にいるとどうしても入ってきてしまう多くの情報が、ほどほどに遮断される。その距離感も心地良い。

「娘の小学校入学を機に、学校のある平日は横浜に拠点を置き、私は横須賀のアトリエに通勤。週末と、春休みや夏休みといった長い休みは家族みんなでこちらに来て過ごすデュアルライフを送っています。休日は近くの川や山を散歩したり、サーフィンをしたり。子供と夫が海でパドルサーフィンをして遊んでいるときは、砂浜で友人達と飲みながらのんびり過ごしています。ここは私も幼い頃から過ごしていた馴染みのある場所。特別な意識はしていないですが、毎日の暮らしの中で、見たり感じたり、触れたりしていることが、確実に創作活動に良い影響を与えてくれていると思います」

IMG_0362.jpg

IMG_0064.jpg

ひとつのことを続け極める岡崎さんに、2017年もうひとつの大きな転機が訪れる。がんの発覚、そして治療。それは、生活はもちろんのこと、物事や未来への考え方さえも大きく変えた。治療で、髪も一度リセット。生え変わったら、うねるようになったと髪質の変化を嘆いていたけれど、肩下まで伸びた艶やかな黒髪は、彼女が今、元気に暮らしている証だ。

「自分の命の有限。もう少し続くと思っていた命の期限が近いかもしれない。だから先のことを想像して描く前に、今をきちんと丁寧に、大事に積み重ねていこうという意識がより強くなりました。これは陶芸も同じで。今日習い始めた轆轤(ろくろ)が、明日先生と同じようにうまく回せるようになるわけではないし、今日作った器が明日作品として店頭に並ぶわけではない。修行や作業を続け、積み重ねていくことで出来上がっていく。日々の努力と、その一瞬一瞬を大切に過ごしているから、自ら夢を叶えることができるのだ、と。がんは5年がひと区切りと言われていて、私は1年後にその5年を迎えます。そこでひとつ区切れたら、自分の考え方がまた少し変わって、先のことも考えられるようになるかもしれない。今は5年後も変わらずに健康でいられたら良いなという思い一番が強いですね」

岡崎さんには、憧れの女性がいる。心を掴まれる先輩たちは皆、仕事を持ち立場も上の方が多い。共通して言えるのは、柔らかい雰囲気を纏い、内面から美しさが溢れ、格好いいということ。

IMG_0162.jpg

Through ongoing effort, and making the most of every moment, you can achieve your dreams.

「キャリアのある女性は、厳しいイメージがあるけれど、私が素敵だなと思う女性の先輩たちは皆、優しく、しなやかで、自由に生きている。バリバリ仕事もして子育てもして、すごく忙しいはずなのに、新しい趣味を見つけてそれを極めたり。暮らしぶりも丁寧で素敵で、余裕を感じる。私もいつかそんな先輩になりたいですね。時々、私の器を使って今日はこんな食卓にしましたって写真を送ってくださるのですが、その空間がすごく綺麗で。誰かの空間に私の分身である器がいて、雰囲気を明るくしていると思うとすごく嬉しい気持ちになります」

岡崎さんは家の中を豊かにする陶器と、外に向けて着飾る洋服はイコールと考えている。どちらも生活を豊かにしてくれるものであり、誰かの気持ちを変えられるものだと。

IMG_0167.jpg

「いつか子供達と一緒に、海外で個展をしたい」とアトリエの外で遊ぶ子供たちを見つめる。あるいはもっと先へ。話していくうちにわかった。視線の先には、病気をする前は見えていなかった新しい未来が広がっている。子育ても、病気も、楽しさも厳しさもまるごと受け止めて、また新しいコレクションを生み出していく。誰かの食卓や空間に並ぶのが楽しみになる。

PROFILE

岡崎裕子/おかざきゆうこ 1976年東京都生まれ。1997年株式会社イッセイ ミヤケに入社、広報部に勤務。3年後退職し、茨城県笠間市の陶芸家・森田榮一氏に弟子入り。4年半の修行の後、笠間市窯業指導所釉薬科/石膏科修了。2007年神奈川県横須賀市にて独立。

MORE CONTENTS
IMG_0006.jpg
NOW VIEWING
STORIES
自然体に日常と陶芸が寄り添う 岡崎裕子(陶芸家)
IMG_0140.jpg
STORIES
手に残る土の感触を指針として 岡崎裕子(陶芸家)
IMG_0471.jpg
LANDSCAPE
五感に響く自然の力
IMG_0383.jpg
LANDSCAPE
ここで奏でる私のリズム
LATEST ARTICLES
landscape08_26.jpg
LANDSCAPE
心も体も満たしてくれるカフェ
stories08_25.jpg
STORIES
愛と感謝を持って精一杯生きる TAMAO(ヨガ講師)
landscape08_15.jpg
LANDSCAPE
チャレンジを続けるためのリチャージ
stories08_11.jpg
STORIES
絶望から芽生えた大きな希望 TAMAO(ヨガ講師)