STORIES Vol.3 前編
Find Their Own Ways
新しい価値を育てていく

nichidori (観葉植物生産者)
STORIES Vol.3 前編
Find Their Own Ways
新しい価値を育てていく nichidori (観葉植物生産者)
TAKESHI OMURA
Ornamental Plant Grower

植物を育て愛し続ける

おおらかなエネルギー

「植物を通して、園芸農家の新しい価値観を作っていきたい」植物のことを語る時、自然と言葉に力が入る。我が子のような植物への想いと愛情がそうさせるのだろう。多くのバイヤーたちは、“彼らにしか作れないものだから”、“彼らが作ったから買いたい”と求め、手に取る。植物をとことん追求し育ててきたからこそ、nichidori は新しい価値を形にできる。

大村剛史さんが観葉植物の生産業を営んでいた両親の後を継いだのは、大学卒業後すぐのこと。就職して社会に出る選択肢もあったが、継いでくれたらという両親の想いと、決めたことは途中で辞めたくないから働けなくなるまで続けられる仕事を、という芯の強い性格が就農の決め手になった。見習い期間は7年。ベンジャミンだけを作り続けた。

stories3_15.jpg

stories3_17.jpg

「主な卸先が量販店やホームセンターだったので、1種類の植物を大量生産していました。うちはベンジャミン。同じことを続けるだけなので、管理も楽。でもそれでは僕は、満足できなかった。例えて言うなら両親は、デニムやTシャツだけを扱う専門店。僕が目指したかったのは、セレクトショップ。農業だけの感覚に囚われるのは面白味がない、視野を広げて他業種でも面白いと思うところを目指す方が、個性が出るはず。その実現を信じて2代目を受け継ぎました」巷にありふれているものであっても自分たちがいいと思う形にして、それが認められたら。ベンジャミンしか知らなかった大村さんは、面白い形のものや、可愛いと直感的に響いた植物を買っては育て増やしていった。わからないことは周りの先輩農家さんたちに相談、アドバイスをもらいながら。

stories3_16.jpg

「動かないと、ずっとわからないまま。飛び込みで教えてくださいとお願いしたり。聞きたいことをメモにまとめて、夕方作業が終わる時間を見計らって先輩農家さんを尋ね、暗くなるまで話を聞きました。夜自宅に戻って本を読みながら勉強して、答え合わせ、そして試す。ここはベンジャミンを作るための温室なので、遮光や屋根の高さで合う合わない植物もありますし、この地域の気候や環境も影響します。僕らの手癖に合わないものもある。そうやって試行錯誤を繰り返しながら種類を、少しずつ増やしていきました。僕らが先輩の歳になったとき、同じように悩む新しい世代が出てきたら、きちんと道案内できる存在でいたい。それが教えてもらった先輩たちへの一番の恩返しだと思うから。そうやって新しいことをする若者が増えたら面白いですよね。きっと僕らも眼から鱗。意見や刺激をもらって、一緒にこの業界を盛り上げて行けたら理想です」

1種類のベンジャミンから始まり、10種類の植物にチャレンジし、今では細かく分けると100種類まで増えた。ただ種類を増やしたわけではない。ここにあるのはオリジナリティもこだわりも、十分すぎるほどに詰まった100種類だ。これらに一貫しているのは、作り手自身が部屋におきたいと思う仕立てであること。そして昔からある植物をリバイバルさせること。彼らは売れるから作っているのではなく、自分たちの心が動く方向を頼りに植物を育て生産している。

stories3_13.jpg

I want to express the pleasure in growing something, not just growing for profit.

「例えばシェフレラは、中鉢サイズが一般的ですが、うちは盆栽のようにハサミを何回か入れ、あえて小鉢サイズで出しています。昔流行ったけど今はね…とか、10人に聞いたら10人に売れないと言われたりしているうちに、売れるようにする!と反骨精神が芽生えてきました。売れる物をみんなが作っても飽和状態になるだけですから。僕らはみんなが一度捨てた物を拾って、仕立て直し、まるで新しい物として世に出すようにしている。リバイバルです。結果的にうちの定番で人気の商品はそういうリバイバル植物。ただ大量には作らない。たくさん売れるから大量に作るといつでも買えるものになってしまうでしょ?今買っておかないとなくなっちゃうと思わせるくらいがちょうど良かったりする。そうやって僕らは価値を作っているんです」

stories3_12.jpg

家で過ごす時間が増えた昨今、インテリアの一部として植物を家に迎える人が増えているけれど、植物も生きている生き物。枯れたり死んでしまったり、病気になることもある。でも生き物だからこそ、手を加えてあげたり、治してあげることで、また芽が吹きはじめ、新しい顔を見せてくれる。育て作って販売するだけじゃない、育てる楽しみも伝えたい。農業という枠に囚われない新しい形に挑戦するため、5年前大村さんは奥様の千莉奈さんとともに、nichidoriとして新たな活動をスタートした。

stories3_11.jpg
PROFILE

⼤村剛史・千莉奈 おおむらたけし・せりな 1980年より愛知県渥美半島にて観葉植物の⽣産業を営む⼤村園芸の⼆代⽬として夫婦でその屋台⾻を担う。 中規模農家だからこそ出来ることは何かを常に考え、そこから⽣まれる想いやアイデアを込めた植物の⽣産を⾏う。2016年、新たに活動名義をnichidori とし、“農業”という枠に囚われない新たな取り組みに挑戦している。

MORE CONTENTS
stories3_27.jpg
STORIES
日常にささやかな幸せを nichidori (観葉植物生産者)
stories3_14.jpg
NOW VIEWING
STORIES
新しい価値を育てていく nichidori (観葉植物生産者)
landscape3_26.jpg
LANDSCAPE
お気に入りの場所で心穏やかに
landscape3_14.jpg
LANDSCAPE
陽をたくさん浴びた緑と夜を彩る光
LATEST ARTICLES
stories07_27.jpg
STORIES
心が動くことだけを選択する 浅野美奈弥(モデル・料理家)
landscape07_11.jpg
LANDSCAPE
落ち着いた気持ちで走れる場所
stories07_16.jpg
STORIES
⾃分を変えるタイミング 浅野美奈弥(モデル・料理家)
landscape06_25.jpg
LANDSCAPE
顔馴染みの人がそばにいるという環境