STORIES Vol.4 前編
Quality of life
想いをハーブに込めて

渋川飯塚ファーム(ハーブ農家)
STORIES Vol.4 前編
Quality of life
想いをハーブに込めて 渋川飯塚ファーム(ハーブ農家)
TOMOKAZU IIZUKA / AYUMI IIZUKA
Herb Farmer

自分の手でクリエイトする心地よい暮らし

日々を過ごしていく中で、どこで暮らすかということについて改めて考える人たちが増えている。群馬県渋川市でハーブの栽培をしながら、地元で採れたフルーツにハーブやスパイスを合わせたハーブ×フルーツジャムを製造する渋川飯塚ファームの飯塚公知さん、歩さんが都会のフィールドから離れたのはちょうど10年前のこと。会社員時代、転勤族だった公知さん、そして仕事が好きで働きたい思いが強く、働きに出るも、慣れたころには次の場所へ転勤が決まり、見知らぬ街で子供を預けるあてもない。結果的に家で過ごすことが多くなり、悶々としていたという歩さん。この先どう暮らしていきたいのか、自分たちに投げかけたその答えは、公知さんの故郷、群馬県渋川市への移住だった。移住後は、もともと農家だった公知さんのご両親の農機具を借りながら、野菜作りを始めるも失敗。移住前、マンションのベランダで育てていたハーブを、プランタから畑に植え替えたところ、すくすくと元気に育ったバジルやハーブを売りに出し、最初は生計をたてたという。

stories04_19.jpg

「ハーブはもともと雑草。売っている種も、ほとんどが品種改良されていない原種のままなんです。だから良い土とか、世話をかけると逆に駄目になってしまう。野菜なんて育たないような痩せた土の方が強くて良いハーブが育つんです」と歩さん。ハーブ好きが功を奏し、専業主婦時代にハーブコーディネーターの資格を取得。趣味がいつの間にか生涯の仕事になるとは彼女自身思ってもいなかった。現在ファームでは、バジル、カモミール、ディル、ブルーマロウ、レモングラスの大きく分けると5種類のハーブを栽培している。

stories04_17.jpg

「初めは手あたり次第色々な種類のハーブを作っていたのですが、結局使い方がわからないものはお客様も手を出さないので、一般的に名前の通ったものだけを育て加工したものを販売しています。ハーブはどんな土でも強く育ちますが、やはり日照不足は影響してきます。今年は2、3月が暖かく、生育が早かったのですが、カモミールの収穫期の5月に雨が続き、摘める量が少なった。そういった難しさは、まだまだあります。ですがプランターで育てていた頃より、根の張り方や育ち方は全然違います。カモミールは10年目になりますが、最初は虫がついたりして大変だったけれど、土地に合わせて植物も変わっていくらしく、まだ10年ですが、だんだんとこの土地に合ってきているかなという印象。今は虫もつかないですし、香りもとてもいい。香りは一番大事ですから」

The extraordinary planning skills honed as a housewife, doing chores and raising children every day, are now the source of power supporting the farm.

stories04_11.jpg

そうして進み始めた、ハーブ栽培。イメージの良いハーブですが、ハーブティー用に加工して売り続けても、そこまで多くは売れないだろうと思っていた日々の中から、次第にまた新しい視野が広がっていく。「近所の農家さんから果物をもらうことが多かったんです。キウイが群馬で獲れるなんて知らなかったくらい、様々なフルーツをいただきました。フルーツとハーブを組み合わせたら、ハーブがもっと身近なものになるかもしれない、それに地元で獲れた食材を使えば町おこしにもつながる。どんな商品を作ろうかと考え、ジャムを作り始めました。初期投資もかからずにできるし、やっぱり農家の奥さんの仕事って言ったらジャム作りですよね」と歩さんから笑みが溢れる。

stories04_16.jpg

stories04_13.jpg

「ジャムを作りSNSで発信していたところ、伊香保の旅館から声がかかり商品化を急ぎました。定番の苺やキウイは人気で、メディアに取り上げてもらったり、パン好きのライターさんに紹介してもらったりして、認知も上がってきています。ハーブを使ったジャムは珍しいと、手に取ってもらい、食べてみたら美味しいと言ってもらって、リピートしてくれたら嬉しいですね」と話す公知さん。ファームでの役割分担について尋ねると「僕は雑用です(笑)うちのファームはメインが妻ですから」と笑いながら公言する。それには理由がある。実は歩さん、結婚前は食品通販メーカーに勤務し、企画を担当していたバリバリのキャリアウーマンだった。そこから専業主婦となり、家で家事と育児をこなす日々の反動から生まれた、抜群の企画力が今、ファームの柱となり原動力になっている。

stories04_12.jpg
PROFILE

飯塚公知・歩/いいづかともかず・あゆみ 2012年3月に代表である飯塚公知が大手石油会社を脱サラし、故郷の群馬県へ家族で移住、農業未経験で有機野菜やハーブ栽培を始めたことが渋川飯塚ファームのはじまり。現在は、群馬県渋川市でハーブ栽培をしながら、群馬県産フルーツにハーブやスパイスを組み合わせた“ハーブ×フルーツジャム”を製造している。

MORE CONTENTS
stories04_24.jpg
STORIES
1ミリ限界を越えてみる 渋川飯塚ファーム(ハーブ農家)
stories04_15.jpg
NOW VIEWING
STORIES
想いをハーブに込めて 渋川飯塚ファーム(ハーブ農家)
landscape04_28.jpg
LANDSCAPE
小さなコミュニティから広がる輪
landscape04_12.jpg
LANDSCAPE
いつまでも魅力的な場所に
LATEST ARTICLES
stories07_27.jpg
STORIES
心が動くことだけを選択する 浅野美奈弥(モデル・料理家)
landscape07_11.jpg
LANDSCAPE
落ち着いた気持ちで走れる場所
stories07_16.jpg
STORIES
⾃分を変えるタイミング 浅野美奈弥(モデル・料理家)
landscape06_25.jpg
LANDSCAPE
顔馴染みの人がそばにいるという環境